ダラシンTゲル以外のニキビ薬にはどんなものが効果的?

ダラシンTゲル以外の薬ニキビ治療薬は、ダラシンTゲル以外にもたくさんあります。

ダラシンTゲルは医療用医薬品といって、医師の診断や処方が必要ですが、ドラッグストア等で買えるのが一般用医薬品です。

以下、医薬品の種類です。

 

 

・医療用医薬品

・一般用医薬品(第一種、第二種、第三種)

・医薬部外品

 

通常は、上位のものほど高い効果が期待できる反面、副作用などのリスクが高くなり、下位に行くにしたがって効果は緩やかになりますが、リスクも少なくなります。

今回は、数あるニキビ治療薬の中で、症状によって効果的な薬をご紹介いたします。

 

 

ニキビの症状によって効く薬が違うの?

ニキビは段階を経て悪化しますので、状態にあわせて薬を選ぶ必要があります。

また、皮膚科で処方してもらえる薬は、抗生物質や抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤など、大きく分けて3種類あり、ニキビの状態に合わせて医師が診断の上、決定します。

 

赤みのあるニキビには「抗生物質」

アクネ菌などの菌が繁殖した際、菌を抑えたり赤みを改善するときに使用します。即効性があり、すばやく改善したいときに処方されます。

過剰皮脂が原因のニキビには「皮脂分泌抑制剤」

この場合は塗り薬よりも飲み薬が多く、主にビタミンBやCなどのビタミン剤や女性ホルモン剤(低用量ピル)などが処方されます。

ニキビ全般に「過酸化ベンゾイル入りの新薬」

登場してまだ日が浅い、ニキビ治療薬のルーキーです。

継続して使用でき、アクネ菌の繁殖を抑えるためニキビ予防にも効果的。また、角質を取り除く働きもあるので毛穴の詰まりも予防してくれる注目の新薬です。

 

 

 

ダラシンTゲル以外のニキビ薬にはどんなものが効果的?

スキンケア・女性ダラシンTゲル以外にも、たくさんのニキビ治療薬があります。

ダラシンTゲルと同じ目的で使うなら、「アクアチム」が有名です。また、飲み薬の「ミノマイシン」もよく処方される薬のひとつです。

 

その他、塗り薬でしたら、「イブプロフェンピコノール」や「ディフェリンゲル」、「ペピオゲル」「デュアック配合ゲル」なども目にしやすい薬です。

また、飲み薬は、「ミノマイシン」「プルフェン」「メルサモン」など。

副作用に関して言えば、塗り薬より飲み薬のほうがリスク高めのようです。

 

体質改善を希望する人や、薬はどうしても苦手という人は漢方薬もおススメ!

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「加味逍遥散(かみしょうようさん)」などは、古くから女性に使われる漢方で、ホルモンバランスを整える作用があります。

漢方はスキンケア同様、長い時間をかけてゆっくり改善していく特性がありますので、あせらず気長に頑張りたいあなたにはピッタリの選択かも知れませんよ♪

次の記事 ダラシンTゲルはニキビに効くの?その効果は?

 

 

 

コメントを残す