ダラシンTゲルはニキビに効くの?その効果は?

ダラシンTゲル「ダラシンTゲルって聞いたことありますか?」

これは、ニキビ治療でよく使われている薬で、皮膚科などで処方される一般的なニキビ治療薬ですね。

このニキビ治療薬、効果はどんなものか気になりますよね?

 

まだ使ったことのないあなたは「本当にニキビに効くの?」と不安なのでは?

そこで今回は、そんなダラシンTゲルについて、効果・効能などをご紹介いたします♪

 

 

ダラシンTゲルの効果は?

ダラシンTゲルの効果まず最初に、ダラシンTゲルは、栄養ドリンクで有名なユンケル黄帝液やカゼ薬のストナ、胃腸薬のストナリニなどでお馴染みの「SATO(佐藤製薬株式会社)」が出しているニキビ治療薬です。

ニキビ治療薬ですから当然ニキビに効くのですが、佐藤製薬の説明には、ダラシンTゲルの効果・効能として、

 

適応菌種:クリンダマイシンに感性のブドウ球菌属、アクネ菌

適応症:ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)

 

 

とあって、「ざ瘡(ざそう)」とは、一般的にいえば「ニキビ」のことですから、ダラシンTゲルは化膿性炎症が伴っているニキビに適応し、皮膚に塗布することでニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、赤みや腫れ、化膿などを治療してくれるニキビ用の薬剤と解釈できます。

 

 

ダラシンTゲルはニキビに効くの?

ダラシンTゲルとニキビダラシンTゲルは、ニキビ治療のために、皮膚の上から塗る抗生物質(菌の発育を阻害する物質)になります。

リン酸クリンダマイシンという物質を主成分としていて、このクリンダマイシンはリンコマイシン系の抗生物質で、グラム陽性菌や嫌気性菌などの細菌のタンパク合成を阻害する働きを持っています。

 

・・・と言っても、ちょっと難しいですよね。

つまり、ニキビの原因菌といわれるアクネ菌に対して優れた抗菌力を持ち、患部に塗ることで殺菌作用が働き、ニキビ治療に効果を発揮してくれるってわけ。

 

化粧品ではなく薬なので、難しい単語や聞き慣れない名称が出てきましたが、スキンケアのようなニキビ予防やニキビができにくくなる肌作りではなく、ニキビを治すことが可能な、出来てしまって化膿しているようなニキビに効果的な塗り薬ということになるんですね!

次の記事 ダラシンTゲルに副作用は大丈夫なの?

 

 

 

コメントを残す