ダラシンTゲルとディフェリンゲルは併用できるの?

61cf020b2ea5874d3a45f997878ce11f_sディフェリンゲルという薬剤はご存知ですか?

ダラシンTゲル同様、皮膚科で処方されるニキビ治療薬の一種です。

 

ダラシンTゲルが炎症を起こして赤くなったニキビに有効なのに対し、ディフェリンゲルは、炎症を起こす前の白ニキビに有効な薬になります。

今回は、この2つの薬についてお話しさせていただきますね♪

 

 

ディフェリンゲルってどんな効果があるの?

ディフェリンゲルは、抗ニキビ剤として皮膚科で処方される薬です。

 

「ニキビ治療薬なんだから、抗ニキビ剤って、そんなの当たり前じゃん!」

 

と思うかもしれませんが、段階的に悪化していくニキビの中で、炎症を起こす前の比較的軽度なニキビに有効、と言えば分かりやすいでしょうか?

 

ちょっと専門的な話になりますが、ディフェリンゲルには毛包上皮細胞の角化抑制や、厚くなった角質の除去、角栓や毛穴詰まりの改善などの作用があるため、ニキビのもとであるコメドの状態から白にきび、黒にきびなどにとても有効なんです。

 

また、ニキビができやすいところに広めに塗ることで、予防効果も期待できます。

つまり、極端に言えば、顔全体に塗っても大丈夫!ということなんですね。

 

ただし、このディフェリンゲル、副作用が全体の8割という報告があるんです!

具体的には、乾燥や赤み、ピリピリ感やかゆみ等なんですが、この副作用は薬の効果が表れることによって出てくる症状のため、医師によっては副作用ではなく、随伴症状と説明する人もいるようです。

 

 

ダラシンTゲルとディフェリンゲルは併用できるの?

Dollarphotoclub_83279006このダラシンTゲルとディフェリンゲルは併用できます。

というか、皮膚科で2つ同時に処方されることも多く、むしろ併用して使うのが一般的なのではないでしょうか。

 

ダラシンTゲルとディフェリンゲルは、効果がそれぞれ違うため、容量用法を守って正しく使う必要があります。

 

ダラシンTゲルは朝晩2回、患部のみに塗布ですが、ディフェリンゲルは、1日1回、就寝前の塗布と定められています。

そして、つける順番はディフェリンゲルが先でダラシンTゲルは後です!

2つを併用している方はお間違えなく♪

次の記事 ダラシンTゲル以外のニキビ薬にはどんなものが効果的?

 

 

 

コメントを残す